スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには真面目に・・・

2009/06/24 Wed
はやくみたいなあ「DROP」!
いいですよね「DROP」!

ええと。
potunen とKKPについては 賛否両論あるみたいですけど。
賛否両論の「否」の理由も 私は多分わかります。
(分かるつもり、かもしれないけどね)

ラーメンズと 上の二つは
目指すところが別なんじゃないかなあ…と思っています。
だから そもそも私は並列して捉えていないのですが。

「potunen」「○」に比べて
「DROP」は こちら側を向いていると思います。
ぐるりとポイントが切り替わったようで びっくりしました。

やっと生まれてきた小鳥みたいに
暖かくて可愛らしい「DROP」が 私は好きだけどな。


あと話変わりますが
 「書いて 演じて 笑わせる」って 一人でやるの すごいですよね。

誤解を恐れずに言うと
賢太郎さんくらい面白いこと考えたり書けたりする人は
探せば まあ いるとは思うんですよ。
お笑いに限らず 脚本家とか作家とか小説家とか漫画家とか… 
そういうジャンルを拡げて探せばね きっといるとは思います。


でも 
かつ 演じて かつ 笑わせて かつ 魅了(!)するワケで・・・



あれ? えっと・・・
          普通のこと言ってます?


 小林賢太郎さん みたいな人 あんまりいないと思うんだけど・・・


慣れちゃうとダメだよね(笑)
ああいう人 あんまりいないと思うよ?

何をやっても 否定されるのって 人気者の証拠なんでしょうか?
それだけ彼(彼ら)に対する期待が大きいということ?
そういう愛情の表現の仕方もあるのかな…
少々しのびねえなあ… と感じる今日この頃です。

好きだからファンなのか。
ファンだから好きなのか。


テーマ : ラーメンズ - ジャンル : お笑い
この記事へのコメント
まずテイスト変わっててびっくりです。
びっくりした!!

ドロップは観れていないのですが、プー子さんの言うこと、分かります。
全然関係ないかもしれないんですけど、
今日演劇部の公演が終わったんです。
今回の公演は何か、ショートショートみたいな公演で、
私は、漫画を原作にした二人コントを書いて、先輩とやったんですね。
やって、ウケたはウケたんですけど、終わってから
「まだやってないことあるでしょ」って、賢太郎さんみたいなことを生意気にも考えてしまったんです。
賢太郎さん、いつもこんなこと考えて悩んでるのかな……と思いつつここに遊びに来たところ、なんともタイムリー(?)な内容で……。

かの有名な小泉元首相は、新聞記者に「総理になったな、と思う瞬間はどんなときですか?」と聞かれたときに、
「うーん、何を言っても否定されるときかな。」
と言ったそうです。
何とは限らず、新しい可能性を求めている人って、何事も否定されちゃうんだと思うんです。
それに負けない人こそ、プロなんだと思います。
難しいところなんですけど……ね。
私も分かんないです。これから探します。
ドロップも買います。
長々とすみませんでした(汗)
天城 | URL | 2009/06/24/Wed 19:37 [EDIT]
楽しみで仕方ないです。
初めて観たポツネン氏が『DROP』だったので
すごい印象が強いです。
なんの知識も無くフラッと当日券で行って
観たんだったなぁ~なんて。。。
これのせいで(いい意味で)はまってますからね・・・。
はやく見たいなぁ~。
イエティ80 | URL | 2009/06/24/Wed 20:29 [EDIT]
ほんとにそれは言えてますね。
厳しい方がおおい!笑
私は、自分に出来ないことをやってのける人にはすぐ「すげぇ」と思ってしまうタイプなので、賢太郎さんを知った時からリスペクトの気持ちは薄れてません。
というか否定なんかおこがましい!w

でも何か新しいものをつくるってほんと難しいですよね。
賢太郎さんの自分の作品の質を高めていくためにシビアに努力するところ、普通に、ふっつーにすごいと思います。
形は違えど、何かをつくるのにはどうしても第三者の評価がついてくるんですもんね。

私も、好きだからファンです、ファンだから好きです^^
Mcca | URL | 2009/06/24/Wed 21:37 [EDIT]
賢太郎さんに対する厳しさはね~、

おめい、もっと出来る子なんだからやれよ!!

的な、
結局のところ愛情だよね~(ほのぼの)
みんなツンデレなんだから~!
Denko | URL | 2009/06/24/Wed 22:05 [EDIT]
>天城さん
たぶん・・・ まだやってないことだらけ、なんでしょうね~
それはまあ 人それぞれ そう、なんだけど。

だけど ある程度年齢を重ねると…
それこそ30代半ばくらいになると
「まあ いいか。こういうもんだろ」みたいな 
そういうのってあるんですよ(笑)
とくに 賢太郎さんみたいに
過去から一定の評価を受けている人で
舞台に上がれば わーきゃー言われる人で(言い方悪いですけど)
販売した物にも手応えがある人で…
いわゆる そういう人が 
「まだ やってないことがある」っていう精神を持続し続けるっていう・・・ね?

魅力ある人だなあ、と思います。

本人的には単純に
=創作意欲なのかもしれないですけどね。


>「うーん、何を言っても否定されるときかな。」

へええええええ。ガッテンガッテン!

コマQも 何を描いても否定されるように頑張らないと!(違)



ここから蛇足です。

今日の「ほぼ日」で糸井さんが「すごい」について書いてます。

>ほんとにつらいときっていうのは、
>たいてい「ひとり」だし、ほとんどの人は、
>その「ひとり」に耐えたことがあるんだよなぁ
>‥‥という意味で、「すごい」んですよね。

ものを考える時にぶつかる壁 行き詰まる時っていうのは
本当に孤独です。
自分の能力やひらめきや体力や人格を 疑って 否定して
それでも自分のどこかに可能性をくみとってやって
やっと0.1が生まれてくるわけで・・・

「すごい」人っていうのは、
何回も何回も「ひとり」に耐えてきたんだろうなあと
尊敬してしまいます。

私は 賢太郎さんの作る舞台が好きなので 賢太郎さんのファンです。
逆はありえないですし 逆にならないように気をつけています(苦笑)
賢太郎さんが好きだから 賢太郎さんの舞台が好きなわけじゃないんです。
演者に目がくらんで その舞台の本当の意味を見失うのは嫌なんです。
(そういう楽しみ方もあるのだろうけど…)

ああ ちょっと辛口だったかなあ・・・
ごめんね。全国の沢山のケンタラーさんが読んでくれているコマQだのに(笑)
完全に個人的意見なので どうぞ流してください(本当に蛇足だよ)


長くなったので つづきはまた明日!
みなさん 愛のあるコメントありがとう☆
プー子さん | URL | 2009/06/25/Thu 00:26 [EDIT]
もの凄い時差はこの際ガン無視して
お返事参りまっす!


>イエティ80さん(改名後も残った「80」の意味は何なのかっ?)

>なんの知識も無くフラッと当日券で行って
>観たんだったなぁ~なんて。。。

すっげ! かっこいっ 人間ができてるっ
私なんか…
前日眠れず 当日食事も喉に通らず
観劇後 帰り道を間違える
という 絵に描いたようなテンパリ具合だったのにっ

フラッと当日券で入って
物販に異常な列が出来ていて(私3階まで並びましたよ…)
ひきませんでしたか?(笑)
『DROP』いいですよね~
『TOWER』と味が似ている気がします(にこにこ)


>Mccaちん

>形は違えど、何かをつくるのには
>どうしても第三者の評価がついてくるんですもんね。

だよなーだよなー
それを適度に無視しつつの自己表現のバランスが
最近の賢太郎さんは天才的だと思うんですよねー

なんかもー 無敵ですよね… はははは…

私も単純に好き&尊敬の理由は
「私にはできねー」っていうとこがスタートです
一緒だね(笑)



>Denkoさん

>みんなツンデレなんだから~!

そうみたいだね~
でも 時々可哀想になっちゃうんだよね…
だっておもしろくない、わけないじゃん?
なのに なんでそーなるの?っていう意見が多すぎる(笑)

褒めて褒めて褒められても 絶対に騙されない人だと思うので…
この際 褒めて伸ばす方が 良い子に育つんじゃ?(笑)
『DROP』は 褒めながら観ようと思います! なんで!?
プー子さん | URL | 2009/07/01/Wed 10:08 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。