スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カ行に乾杯!片桐君と小林君。

2007/12/27 Thu
今回はコマンドQ妄想劇場。
くだらない話&フィクション嫌いの方はご注意をば。
               ・
               ・
               ・
片桐君と小林君の作業台は同じ。なぜならカ行だから。
(美大では一人用の机ではなく大テーブルに4人づつとか席が割り当てられます。
 うちの大学の場合ですが。理科室参照)
人見知りの性格のお二人は私語ゼロでひたすら粘土をこねくり回す・・・が。

こねくり回して、4、5日目。
どーんどーんどーん べちゃ。

片桐「・・・これ。落ちたけど」
小林「あ。ありがとう」

小林君が作業台から落とした粘土の塊。
よく見ると長い耳と長い鼻が付いている。

片桐「何これ。すっげーかわいいじゃん」
小林「・・・鼻兎」
片桐「え?はな?え?・・・こ、小林君も粘土とか好きなの?
   僕は昔からすっげー好きでさあ、」
小林「・・・俺、あんまそういうの興味ねえから」

意識してー。片桐君を意識してー(笑)

往々にしてあると思う。
出席番号近いのが友達のきっかけ。

かく言う私もかなりの確率で、そう。
住所録の密度の偏りが証明しております。
年賀状の宛名を描きながらもラー妄想は止まりません。
来年こそは私、まともな大人になれるでしょうか?
う~ん・・・なれない!!
なれなくても、結構!!ね、親戚のみんな?
ラッセーラ ラッセーラ♪
「あの子、いい歳して子供みたい」と毎年言われる年末年始です。


テーマ : ラーメンズ - ジャンル : お笑い
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。