スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼二郎は賢太郎でしょう、と!(ネタバレしません)

2007/12/19 Wed
『魍魎の匣』12月22日公開でございます。
ああ面倒くさかった。のっけから『魍魎の匣』って変換が面倒くさいのくさくないのって。京極N彦ぉ・・・。トップページ重いんだよおぅ!ついでに本も重いんだよおぅ!
(イライラのホコサキが・・・)

『水曜どうでしょう』ラブのカミングアウトに引き続き。
・・・そうだよっ、読者だよ!!(笑)
とはいえ、結構・・10年くらい前だと思います、読んだの。

言いたいことは沢山あるが。主に1点。
・キャスティングに違和感あり。

榎木津礼二郎は素直に小林賢太郎でしょう、と!!!
(どうなんですか?個人的意見ですが、どうでしょう?)
未読の方。
・榎木津礼二郎
元華族の家柄の次男。自称探偵。眉目秀麗。頭脳明晰。躁鬱が激しく性格に難あり。
色白の長身で決め台詞は「僕は神だ!」(大声)

すっっごい、気持ち悪いんですよ~この話。
いや、美しくもあるんですよ。泉鏡花的な、な?乱歩的な、な?
なんていうか、こう・・・ねえ?
ラーファンの皆さんは『百色眼鏡』の映像美を想像されれば参考になるかと。
どなたか、読了された方、私に変わって説明をば・・・。ムリです。
『あの気持ちの悪い話を映画化って、どうやって?ていうか、基本的に観たくない』
というのが私のこの映画に対する意気込みです。(クドカンは観たいが。)

で。HPの画像みてください。
堤真一。椎名桔平。と並んだとして、小林賢太郎・・・薄い。薄味すぎる。
たとえ『バースデー』の後半くらい高いテンションで演じたとしても、
お顔のお上品さが・・・ネック。
やはりここは阿部さんくらい濃い顔じゃないと、ですかねー。

いやいや!やっぱ、阿部寛はないだろうよ!!(笑)
榎木津=阿部寛って、デカイ(長身・大声)だけじゃ、ネイノー?

ごめんね、阿部寛・・・。


テーマ : ラーメンズ - ジャンル : お笑い

タグ : 魍魎の匣 京極 榎木津礼二郎
この記事へのコメント
それって事変が主題歌の映画ですよね?
私事変が好きなので、ちょっと気になっていたんです。
でも賢太郎さんにぴったりの役があるとは!!
きーにーなーるー。
しかも決め台詞が「僕は神だ!!」って。
ぴったりじゃないですかー(笑)

うーん、さらに気になってきた。
見ようかなぁ。
あさみ | URL | 2007/12/19/Wed 18:53 [EDIT]
>あさみさん
そーです。東京事変が歌っておりますよ。TVCMでも流れてますね。世界観とぴったりはまってます。
榎木津は「ビスクドール」とか描写されてますから(笑)
それはもう麗しい好青年でございます。
ただ性格が・・・破天荒で、一言で言えばキュートです。
内容が内容ですから、見る前に読んだ方がいいかもしれません。人間関係が複雑で、ややアングラです。あさみちゃんは好きかも。
ただ、・・・厚いの。長編を通り越して、厚いの!
面白いから読めちゃいますが京極の世界に引き込まれたら、出てこられないですよ?(覚悟っ)
プー子さん | URL | 2007/12/20/Thu 00:21 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。