スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近すぎる事件について。

2008/09/23 Tue


自分の子供を殺して、隠蔽工作もしている。
まったくフォローするつもりはないのですが。



息子さん…発達障害だったっみたいですね。


もやもやします。
ムカムカします。

マスコミの事件の報道の仕方に。
コメンテーターのうわっつらなコメントに。


何が問題か。誰が悪いのか。そんなの当事者にしか分からない。
(もちろん人を殺すのは悪いことです)




誰かひとりだけでいい。
「障害について、我々がもっと知らなくてはならない」と
言ってくれないだろうか。
そういう社会にならないだろうか。




殺された男の子のご冥福をお祈りしています。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児
この記事へのコメント
自分の所に書こうか、それともひとつ下の記事のコメントに書こうか悩んでました。

ただただ、切なくてしょうがないの。

あのお母さんにトライアンフ見せてあげたかったな。
それで一緒に笑う事が出来たなら、この事件は起きなかったのかもしれないな~・・・、なんて。

世間や社会の前では、あまりに無力な自分が悲しいです。

人を殺す事は悪い事です。
でも、障害や病気に何の理解もなく報道される姿勢がこの社会を作っているのですね。

残念でしょうがないです。

この事件はたまたまテレビを見ていたチビ1号が、深刻に報告してくれたのです。
自分と同い年の子供が殺されちゃった事が胸に痛かったのでしょう。
犯人が捕まったと教えてあげた時の、
犯人は誰だったか教えてあげた時の、
1号の顔が忘れられません。
ものすごく神妙な顔をしてました。
もう、あんな顔はさせたくないな~。

いやな世の中です。



殺された男の子のご冥福をお祈りしています。
Denko | URL | 2008/09/23/Tue 14:00 [EDIT]
やりきれない・・
人に・・我が子に手をかける・・
確かに決して許されることではありません・・

でも・・
こういう事件が起きるたびに、「正論」を声高に語る人達の方が
怖いです・・。
介護の現場でも、虐待とか・・介護に疲れて子が親を・・
悲しい事件が多く聞かれるようになりました。
(急に増えたというより、報道される事が多くなったように
感じます)

ただ・・「正論」では救いきれない人々がたくさんいるのです。
手を差し伸べたくても差し伸べられない、声をあげられない人々が
多くいるのです。
そして、それは決して「遠い世界の話」ではない。
決して「対岸の火事」に思って欲しくない・・。

男の子のご冥福を祈るとともに・・
同じように苦しんでいる人たちが
これ以上傷つきませんように・・。


ふう | URL | 2008/09/23/Tue 23:14 [EDIT]
>Denkoさん
そうだよね…
私も『トライアンフ』を観ていたら、
考えが変わったかもしれないと思います。
私自身観劇から今日まで、
沢山のことを考えさせられましたから。

事件が起こってしまう前に
何か方法はなかったのか、と私も無力感で一杯です。
多分ほんの少しの事で良かったのに…
「あなたの努力は知っているよ」
「毎日本当に頑張っていますね」
「お子さんを愛しているんですね」
「きっと良い方向に成長できると思いますよ」
ちょっとした一言でいい。
誰かに言ってもらっていたでしょうか…
代わりに私が言ってあげたかったなあ…
(幸いにも私はこのブログでみなさんに言ってもらってます)

「本人からのSOSがなければ何もできない」といった
コメンテーターがいました。
でも困っている人たちに自ら目を向けない、
見て見ぬ振りをする世間にも、
問題はあるのでは?と感じました。

本当に心が弱っているとき。
人は社会に悩みを訴えることなどできません。
そんな思考回路はとっくにショートしているのです。

社会の方から、行政の方から、
「誰か困っている人はいませんか?」と
積極的に手をさしのべてくれたら
どれだけの人が前を向いて歩いていけるでしょう。


1号くん 何を感じたんでしょうね。
お母さんに殺される、なんて嘘みたいな話ですよね。
いっそ嘘だったらいいのに、って日本中の沢山の人が思ったでしょうね。

もしも息子に聞かれたら、私だったら嘘をついてしまうかも。
「怖い人に殺されちゃったんだって。気をつけようね」って…
とても現実を教えてあげる勇気がありません…

子供に言いたくない事実が増えているように思います。
プー子さん | URL | 2008/09/23/Tue 23:29 [EDIT]
>ふうさん
本当にそうだと思います。
「対岸の火事」だと思っている人の多いこと、
そのことに、私はモヤモヤしています。

この事件も何日かすれば風化して、
忘れ去られていくでしょう。
介護、障害、差別、暴力…
どれもこれも身近に起きない限り、自分とは無関係です。

報道の意味って何なんでしょうか?
知って、感じて、考えて欲しい。
行動しろとはいいません。
せめて考えて欲しいなあ、と思います。
「もうちょっと頑張って欲しかった」なんて、
簡単に言って欲しくないのです。

弁護するわけではありませんが、
きっと頑張ってたハズなんです。
その頑張りに気がついてあげたかどうかだと思います。

妊娠して出産して、授乳してオムツ替えて
お風呂に入れて、とんとんして寝かしつけて、
お誕生日にはケーキにローソクを立てて…
そんな風に生活してきた我が子を、殺してしまうなんて
よっぽどの何か、なんです。

世の中の無関心が一番の問題だと思います。
プー子さん | URL | 2008/09/23/Tue 23:42 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。