スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てのセンスについて。

2008/09/22 Mon
コドモ達が外で遊べない週末・・・

       danbo.jpg
         息子と夫でサーキットを作ったようですよ…



       itodenwa.jpg
       「じゃがりこ」の空き容器で糸電話を作ったようですよ…
         部屋中紙だらけにしてね…




「センス」・・・嫌な言葉です(笑)
似たような意味合いで「才能」っていうのもあります。
これも嫌いな言葉です。

しかしながら。
この言葉を使わざるを得ない出来事に直面しました。


夫には子育てのセンスがある! おおいにある!  
                 ありうる!いうる!(ノリで)

    ・

    ・

    ・

息子の人。
アスペルガー症候群グレーゾーン(5才)です。

ところが、
アスペルガーの人は得意だといわれているパズルが、大の苦手です。
(3才の妹の方が上手)
それでも興味はあって、やりたがるのですが、
もともとの性質(性格)として、

・失敗が嫌い。
・物が壊れるのが嫌い。
・負けず嫌い。
・完璧主義。
  ゆえに、すぐに「イーーーーッ」となってしまいます。

そんな彼のプライドを傷つけないように、
不器用さを指摘しないように、
完成へと誘導するのに、かなり神経をつかいます。
つまり私の方も「イーーーーッ」となります。

だんだん、
「だーかーらー これは角だからさあー」
 とか
「こっちか こっちだって!」
 みたいな口調になって、最終的には
「泣くならやめなさいっ」
 みたいなことに…(苦笑)




もう息子のパズルに付き合うのは嫌だなあ。
去れ!パズルブーム!
 と、ここ数日念じてました。



ところが。
さっきお風呂から出てきたら
子供2匹+夫の人が和気あいあいと
パズルで盛り上がっているではありませんか。


夫はパズルの難しいところ
(真ん中へんとか絵に特徴のないピース)を
両面テープで固定して取れないようにしていました。
「ここは難しいから6才になったらにしよう」と息子に説明。
(息子には何事も理由が必要)

息子は
「ゆん!僕が6才になったらここもとってねっ」
 と「6」の響きにうっとりしながらやる気満々です。きゃっきゃ言ってます。
                   (数字にこだわりがあります。大好物です)

私と息子でやってた時は
息子の人 半泣きだったのに…

夫がちょっとした工夫だけで、この盛り上がり。
なに この センス…   こわいっ 夫のセンスがこわいっ



センス…
ほら。こんなところにもセンス…

あはははは… プー子さんにはないねー
センスないねー 欲しいよねー 子育てのセ・ン・ス(泣)


こうして今日も
我が家はなんでもギリギリで解決しています…


よい夫をもって幸せです。
つくづく賢い人だなあ、と思うのです。
この人の所に息子が生まれたのが分かる気がしました。
そして、私の所に息子が生まれた理由は… 苦行としか思えません(笑)

神様 ナイスチョイス!!!  いいよーいいよー あってるよー

たまにコマQは前向きなことを書きます(笑)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児
この記事へのコメント
私も夫自慢しよーっと(違)

長女が3歳くらいのとき、何かしでかして(何をしたかは忘れた)
私はコンコンと説教し、わかってくれない長女に苛立ち、
自分も大泣きしながらコテンパンにやっつけてしまいました(言葉で)。
もちろん長女も大泣き。
私も気持ちの修復不可能なまま、その日は夜までヤな感じ。

帰宅した夫の人にも落ちついて説明ができないほどでしたが、
布団に入って電気を消してから、ようやく心を落ち着けて
私がどんなにつらかったか、私がどれほどの気持ちをこめて言い聞かせたか、でもわかってもらえなかったか、
そして長女がどんな態度を見せていたかを、訴えました。

一通り聞き終えた夫が言いました。
「ママ、太陽だよ。」
??? なんのことやらわからなかったのでありますが
「北風を吹きつけても、コートは脱がせられないよ」
とぬかしやがったのであります。

ガーーーーーン!!!
私はその一言に打ちのめされました。

夫の人って・・・・どうして時々すごいんだろう。
私を責めるわけでもなく・・・・。ねぇ。

それ以降も太陽になかなかなれない私ですが、
子育てにおいて、忘れられない言葉の一つとなっています。

プー子さんはセンスも才能もありますよ。大アリです。
私はプー子さんのところに息子の人が生まれた理由も、わかるような気がします。
プー子さんは発達障害にからめていろんな記事を書いてくれますが、
それらは私にとっても、とても参考になり、勉強になることばかりです。いつも感心&尊敬しております。

福岡の事件で、プー子さんがどれほど心を痛めているかと思っています。
息子の人は、プー子さんご夫妻のところに生まれてきて、
どんなに幸せだろうと思わずにはいられません。

長々とすみませんでした
観世 | URL | 2008/09/23/Tue 15:19 [EDIT]
>観世さん
きたー 夫自慢祭りデスヨ!
(何をしたかは忘れた)←あるある!

私も「これってあのお話の北風みたいだよな~」って
思ったことあります!奇遇!旦那さん!

子育てはじっと待たなきゃいかんのですね…
やいやい背中を押すのではなく、
遠くからそっと見守らないといかんのです…
ちからワザで分からそうとしても、
結局気持ちまでは届かないんですよね…

うん。分かってる。頭では(笑)
観世さんの旦那さん素敵なお父さんですね。
夫婦って…良くも悪くもバランス取れてますよね(泣)

私は子育てのセンスはないですよー
自分がリアルに子供なんで…
子供を育てる。
こんなに手応えのない事柄は生まれて初めてだし、
こんなに必死になった事柄も生まれて初めてです。
私は自他共に認める「器用貧乏」なので、
なんでも適当にやってればそれなりに出来たんです。
が。
出産と子育てだけは…(笑)
必死にならないとムリです!

私の母も同じ思いで育ててくれたかと思うと、
自分の反抗期をやり直したくなります。


福岡の事件… 結構頭から離れなかったですね。
今もニュースで取り上げられると、じっと見てしまいます。
どんなお母さんも、彼女のような精神状態に陥る危険性はあるわけで…
人ごとではないように思います。

うちの子もいわゆる「難しい子」ですが、
私は殺したくなったら、施設に預けます。
(しかし…どんなに辛くても
 ギリギリ殺したいとは思わないなあ…)

未来を悲観する、のも子供にとっては大きなお世話です。
子供と自分は別人格ですから。
未来はその子が決めることであって、
母親が悲観したり楽観したりするものではないと思います。
心…痛みました。
でもこのニュースを知った日本中のお母さんが
心を痛めたのではないでしょうか。
悲しい事件ですが、反面、興味を持って欲しいとも思いました。
観世さん いつも楽しくて優しいコメントありがとう☆
プー子さん | URL | 2008/09/23/Tue 23:06 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。