スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのえいがかん。ネタバレゼロ。

2008/08/31 Sun
昨日とっても良いことがありました!

初めて家族4人で映画を観に行きました。
『崖の上のポニョ』
息子が最後まで観ることが出来たのです…!

感覚過敏を持っている息子の人です。
(聴覚と触覚の過敏が強いです)
私も夫も「まあ、20分もてば良いだろう」と思っていました。
下の子もまだ3歳なので、半分観れたらいいだろう。
映画館がどんなところか分かる程度でいいだろう、と思っていました。

それなのに、奇跡が起こりました。
奇跡というか、私達家族にとって素晴らしいご褒美でした。


※以下 アスペルガー症候群または感覚過敏のお子さんをお持ちのお母さんの
    参考になれば、と思います。
    それから、沢山の”知らない方々”にも読んでもらえることを願います!※

    ・

    ・

    ・
万全の体制でのぞみました(笑)

アスペルガー症候群の子供にとって、
不意の出来事、計画のない日常はストレスになります。
何事も事前に知らせておく、ということは大きな安心材料です。
でも、
今回は前日に「明日映画館に行こう」とは言いませんでした。
息子の性格から、興奮→不安→行かない! になる予感がしたので、
当日の朝食時に何気なく知らせました。
私 「今日は雨だね~ お天気も悪いし…『ポニョ』観にいこうか?」(小芝居)
娘 「ぽの!?ぽの!?ぽのみるーーーーー」
息子「……ぼく行かない!」
きたー でましたー 行かない!
そこはそれで、いいとします。話を切り上げました。
(答えを追求するとパニックになる恐れアリ)

朝食を片付けてから、iBookを開いて『崖の上のポニョ』公式ページを表示。
私 「かわいーねー ポニョはお魚なのかなあ?」
娘 「ぽのはおさかなだよ!かわいーねー」
息子「かわいーねー ぼくポニョ抱っこしたい!」

言葉では「行く!」とは言いませんが、
息子にとっては”心配だけど観に行きたい気もする”という段階です。
(この辺りの推理力が…)

出かけることにしました。




劇場に着いて早々に、
珍しく息子が「ポップコーン食べたい」と言いました。
(食に感心が薄い・特性のひとつです)
買います。食べることでリラックスできるなら、
いくらでも買います(笑)
TOHOシネマ(シネコンです)は
入り口ででっかいポップコーンを販売しています。美味しいよ。



暗闇は全く怖がらない息子ですが(それも変わってるんだけど…)
大きな音、特定の映像(映画会社のロゴとか)に恐怖します。
なので、最大の関門は、
親にも予測不可能な「予告編」だと思いました。
     あれ、大人でも怖い時あるよねーーーー


受付のおねいさんに
「予告編はありますか?何分ですか?
 その間、子供をドアの外に出してもいいですか?」等伺い、
予告の15分をロビーで待機。ロビーていうか、通路。
三人でしゃがみ込みポップコーンを食べながら
楽しい話題を選んで話します。
ときどき、
「途中で大きい音がすると思うけど、
 ポニョは楽しいお話だから大丈夫だからね?」と
2、3回さりげなく振っておきました。これは3歳の娘にも。

行き交うお客さんは、私達3人をぎょっとして見ていきます。
そんなの、なんとも思わないの。
私はグレーゾーンの息子を育てているので。
なんとも思わないの。
そういう自分にどんどん楽しくなっていきます。
もう全然。映画なんて見れなくてもいいよ。
なに、そのにこにこ笑顔。
なに、この仲良し兄妹。
かわいいなあ、君たちは。
この通路で、美味しいポップコーンを食べるだけでも、
充分楽しいじゃない。息子の人よ。


アスペルガーを含む高機能自閉症の人は
非日常的な場所では、不安から
立ち歩いたり、ワザとおどけたりしてしまいます。
これらは注意したら止められる行動ではなく、
不安を取り除かない限り続きます。(幼い子は特に)
「やめなさい」と言う言葉に効果はなく、
”その場から立ち去る”という方法しか通用しません。
なので、息子がそうなってしまった場合、
夫が息子を連れて退場。
私と娘で席に残る、という計画でした。



予告編15分が終わり、夫が通路まで迎えにきました。
夫「はじまるよー」(小声)

席について、スタジオジブリの青い画面。
我が家のコドモ達にはお馴染みの画面。
2人は「トトロ!」と喜んでいます。
(これで、少し怖さが薄れたのかも)

『崖の上のポニョ』が始まりました。
美しい海中の生き物。素晴らしい、水の表現。
そしてポニョの愛くるしい姿が初めて現れたとき。
私の目に勝手に涙があふれてきて……!

早い!早いよ、プー子さん!!(笑)

ほっとして、泣いてしまいました。
秒殺で泣いてしまいました。
たぶん劇場で一番でしょう…宮崎駿監督もびっくりだー…

息子は「ポニョかわいい!ぼくポニョすき!」と
時々発表しながら、時々ポップコーンを食べながら、
時々飽きて通路を見に行きながら、時々「怖い」と怯えながら、
時々「おしっこ!」と中断しながら、
それでもエンドロールまで座っていました。
娘に比べたら、本当に落ち着かなかったけど、
それでも、こんなに頑張ることができるなんて…!
嬉しくて楽しくて、大きな希望の光です。

なによりも、映画の内容がステキでした。
『崖の上のポニョ』を”生まれてはじめて観た映画”と言えるコドモ達が羨ましいです。
愛情と誠意に満ちた美しいお話でした。
私達はなんて幸せなんだろう!

家族みんなで映画館に並んで座ったこと。
息子が帰りの車内で「楽しかった!」と笑ったこと。
昨日の出来事は、多分一生忘れません。

誰に感謝したらいいのか分からないけれど、
ありがとう。
こんなに嬉しい日は、2人の子供の誕生以来です。

日本中のどんな障害をもった子供達にも
「ポニョ」の笑顔が届きますように!


※ 長い上に、興奮気味の内容ですいません…(苦笑)
  知り合いに「ポニョにしか見えない…」と言われた娘ですが。
  私にもポニョが娘にしか見えませんでした。
  そっくりなんです。特に、が!!




テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児
この記事へのコメント
よかったね、プー子さん。
私、ほんとにうれしい。 涙出そうだ。

いつも胸がいっぱいになって、こういう内容にはコメントできない私ですが、
プー子さんが、楽しかった、うれしかったって言っているのが、
本当にうれしいです。
よかったね、プー子さん。 そしてステキ家族の皆さん。
幸せのおすそわけ、ありがとう。
観世 | URL | 2008/08/31/Sun 14:14 [EDIT]
プー子さんの記事を読んで、涙が出ました。
自分のことのように嬉しくなりました。
ありがとう!!!!
素敵な家族ですね♪

あやや | URL | 2008/08/31/Sun 14:28 [EDIT]
>観世さん
ありがとうございます!
『崖の上のポニョ』ご覧になりましたか?
とても良かったです。
その後、ところどころ涙しました(笑)
私の涙腺はどうなっているのでしょうか…
まだでしたら是非、お嬢さん達と!

>あやや
読んでいただいて、
ありがとうございます!
お察しの通りの地味な一家ですが(笑)
これからもよろしくお願いします!
プー子さん | URL | 2008/08/31/Sun 15:13 [EDIT]
良かったですね。
家族で一緒に映画を観る・・
ひとつひとつの出来事に対して、
こんなにも「幸せ」を感じられるのは
ほんとに日頃ご家族で手を取り合って
頑張っていらっしゃるからですね。
「できること」を当たり前に思ってはいけないと
しみじみ思います。
ほんとによかった。
今日ね、ちょうど、オカリナデュオをやってる友人が
うちの近くの高原で、ミニライブをやって、「さんぽ」や「ポニョ」で
子供達が目をきらきらさせて聴き入ってる姿を見て
感動してきたところです。


ふう | URL | 2008/08/31/Sun 17:01 [EDIT]
よかったねー!!
やー、泣いたよ、プー子さん。
ポニョでは泣かなかったけど、コマQに泣いたよ。
よかったねー、よかったねー、ウンウン……(ポロポロ)

で、ごめん、私のあんなすれきった「大人の」感想(苦笑)
もーー、かなわないなー、プー子さんとプー子さん家族には……
村野りん | URL | 2008/08/31/Sun 17:06 [EDIT]
もう!! プー子さん、よかったね~!
息子の人も、娘の人も、夫の人も、
プー子さん一家みんなひっくるめて、よかったね!!
今すごくうれしいです。
プー子さんの、うれしくて楽しい気持ち、ほっとした気持ち、
ご家族みんなの愛情がたくさん伝わってきました。
ポニョの映画から伝わってきたものと似てます。
私もこの夏、ポニョ観に行ったんですよ。
ストライクで可愛かった! 
あ~ポニョ~~クシャクシャ~(←髪と渾然一体にしている様)
って感じでした。
娘の人そっくりなんですね! が。
elle | URL | 2008/08/31/Sun 20:48 [EDIT]
うわー、スゴイねえ スゴイねえ

プー子さんとご主人の努力のたまものです
本当に良かったですね

ご家族でよく話しあわれていることが素晴らしいと思います

私も今回のことで母一人ではどうにもならないことを思い知っています
プー子さん家を見習って
うちも家族でがんばろうと思いました
ありがとう パワーを頂きました


ps.息子もこの記事を読んで
「うわー良かったねえ」と言いましたよ
桃戸千 | URL | 2008/08/31/Sun 21:35 [EDIT]
いやはやよかったよかった!
大きな前進ですね^^
おそらく、あまり理解のない方もいらっしゃると思いますが、
裏を返せば、そのことに本当に理解を示してくれる人が、息子さんの周りに集まりやすいっていうことでもあるんだと思います。

とにかく!
偉いの一言です息子さん!!(そして娘さんも!)
万歳三唱!!
そしてまとまってなくて本当にすみません!!!
朝槻 | URL | 2008/08/31/Sun 22:58 [EDIT]
プー子さん・・・

良かったねぇ!!!


子供って、何がダメでどれがOKなのか未知数ですよね。
恐れずドンドンいろんな事を経験させてあげてくださいね。

そっかぁ~、ポニョなのかぁ~。
Denko | URL | 2008/09/01/Mon 05:09 [EDIT]
ついに号泣・・・
昨日「ダブりン~」観て号泣し、本日コマQで再び。
良かったね~(泣)凄いよぅ(泣)
プー子さんとご主人の愛情と努力の積み重ねが素晴らしい!
もう、本当に勝手に嬉しいです!!
まだ階段は果てしなく続くだろうけど、必死に頑張って気が付いたらうんと高くまで登っている。
頑張ります。私も。
勇気と力をもらいました。
ありがとう!!

ルラルラ | URL | 2008/09/01/Mon 10:55 [EDIT]
読んでくださったみなさんへ。
ありがとうございます!
こんな…大腸菌に毛が生えたような、
プー子さん一家の日常をさら出すだけの記事に…
ありがとうございます!

お子さんが5歳にもなれば…
習い事の発表会とか、
遊園地のアトラクションだとか、
そんな家族イベントを楽しまれるご家族も
多いのかなと思います。
正直、羨ましいなあと思います。

一方。
映画館に行ってみる、という些細な日常が
一大イベントだ!っていう地味な家族がここにおります(笑)

コドモの姿と頑張りに励まされて、毎日なんとかやってます。
ゆえに、それはみなさんと同じだと思っています。
違うけど、同じだっ

それから。
ラーメンズ! ラーメンズ! ラーメンズ!

後ろめたさから言ってみました。
コマンドQ劇場は ラーメンズを応援しています。
しているつもりです…
思いが届けばいいん…の、か、なー…
はい。何かイラストを描きましょう(笑)

みなさん、いつもありがとうございます。
素敵なお客様に囲まれて、コマQは幸せにございます…☆
プー子さん | URL | 2008/09/01/Mon 13:03 [EDIT]
>あややさんへ
あやや・・・「さん」!
大変失礼しましたっ 

このミスよくやるなあ、私…(反省)
プー子さん | URL | 2008/09/01/Mon 13:23 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。