スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめした本について。

2008/06/16 Mon
先日の記事でおすすめした本について、もう少し。



もう、お母さん代表で言っちゃいますが。

今の時代のお母さんは、本当に大変なんです。
昭和よりずーっと、プレッシャーとストレスは多いんです。
「子育ては楽しい!」って手放しで言えるお母さんは少ないです。


  ※以下ラーメンズとは無関係なため畳みます。

    ・

    ・

    ・



 『しつけと体罰』 森田ゆり 著
しつけと体罰 子どもの内なる力を育てる道すじ


タイトルがアレです・・・(苦笑)
育児書でもHow to本でもありませんが…

よいお母さんになる本ではなくて、
子供をラクにしてあげる本です。
どん底の ザ 育児ノイローゼの私を救ったのが、
この本とラーメンズです。


例。
「かけっこで二等賞。ほんとうにえらいね」
 と褒めるよりは、

「かけっこで二等賞。ママもパパもとてもうれしかったよ」
 と褒めた方が自信を育てます。 かつ、気持ちも伝わります。


みたいなお話がわかりやすく書かれています。


些細なことですが。
でも、そういう些細なことを繰り返し繰り返しやってきて、
結果、息子の気持ちは育っていったのかなあ、と思います。

私なりに活用して、
「ありがとう」には
「ありがとう。助かるな」とか「ありがとう。うれしいな」とか
私の気持ちを付け足しています。

おそらく”気持ちを察する”ということが出来ない子なので、
相手はこういう気持ちで「ありがとう」なんだよ、と分かって欲しくて。

最近は息子も
「ありがとう。僕うれしいな」と言うようになりました。
息子の気持ちが分かるようになり、私もうれしいです。
さらに、
おなじ「いや(泣)」でも。
「でも、怖いから」とか「だって、さみしいもん」とか、
言ってくれるので、事前に対処ができ、パニックを避けられます(!)
普通の子なら自然と身につける表現ですが、
息子には教えてあげることが必要だったみたいです。
なにより、息子本人もラクになったんじゃないかな。



子育てで悩んだり迷わなかったりするお母さんはいないと思います。
世間の目、母性神話、しつけの問題、社会性、本人の性格…
そして、
なぜ怒ってしまうのか、なぜ叩いてしまうのか、
この気持ちはどこからくるのか、どうしたら怒りを静められるのか…
自分をみつめるきっかけにもなります。

いまでも時々思い出して読み返しています。
気持ちがラクになります。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児
この記事へのコメント
もう絶対!
もう絶対この本読みます!

はっとしました。
「ありがとう」は使うけれど、
その続きの感情を言う事は少ない。

言うのといわないとの全然違う!!
まだ読んでないけど、
これって子育て関係なく、
人間関係本としても良さそうな気が。

云々。
とにかく読んでみます。
ニニコ | URL | 2008/06/16/Mon 17:35 [EDIT]
>ニニコちゃん
そうそう。そうなんですよね~
結局、人間関係をよくするコツが書かれているんです。
言葉じゃなくて、気持ちを伝えることが大切なんですよね。
難しいことだけれど…。

本当に、
言うのと言わないのとは全然違います。
言えば、お互いにお得です(笑)
意識するかしないかだけでも全然違います。
はっとしてくれたニニコちゃんは、きっと会得できるはず!
おためしあれ~☆
プー子さん | URL | 2008/06/16/Mon 17:57 [EDIT]
年だけ上、のこのぐだぐだのお母さんも
「はっと」してます(笑)
そう、「いいお母さん」になろうとするから
(なれと無言のプレッシャーがあるから)
お母さんも子供も辛くなっちゃうんだよね。
子供の気持ちを楽にすれば、
子供の気持ちがちゃんと見えるし、
こちらの気持ちも伝わるんだよね。
大人同士でも大切な事ですね。
うちもまだ間に合うよね?

ありがとう!



ふう | URL | 2008/06/16/Mon 23:44 [EDIT]
>ふうさん
間に合う間に合う 絶対間に合う!
ホント、「いいお母さん」って何なんでしょうね…。

世間体とか見栄とか戦うべき敵は
自分の中にあるのかもしれないです。

ワークショップで
「スーパーで子供がダダをこねて、イラッとくる原因は、
”しつけが出来ていない母親だと思われて恥ずかしい”っていう、
お母さんの焦りからくるのかもしれない」というお話がありました。

世間の目、自分のプライド、一人で買い物ができないストレス、
更には夫への言い出せない不満等々、複合的な理由があるそうです…。
それを全て子供をしかることにぶつけてしまう。(子供は小さくて弱いから)
子供を叱る(悪い意味で)ことの裏側に何が隠れているのか。
またその理由を解決することが大事だ、と教わりました。

…って、長くなりました、すいません。
ふうさんの気持ち、お子さんに伝わるといいですね。
少しずつでも、毎日できなくてもいいそうです。
ただ、出来たときには自分自身のことも
「よくできました」って認めてあげることが重要だそうです。
こちらこそ、いつもありがとう!ございます(笑)
プー子さん | URL | 2008/06/17/Tue 10:41 [EDIT]
プー子さんのおかげで、昨日はなんだかゆる~く過ごせた気がします。
いつもなら切れるところで、1号と爆笑してました。
まぁ、そのせいで晩御飯は遅くなちゃったんだけど、それはそれでよし。
な~んにも解決してないけど、話せる人がいるだけで、なんだか幸せです。
ありがとうございます(ぺこり)
Denko | URL | 2008/06/17/Tue 15:21 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。