スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにこれ涙?

2008/04/26 Sat
みなさんありがとう!あーたーっす!!

私の愚痴混じりの反省記事に、
真摯なコメントをくださって、ありがとうございます。
あー もう 泣きました。 なにこれ涙?涙だよー(苦笑)


私も「ムシの居所が悪くて、ペシッ」はあります。
でも、おとといのアレは、そういう感じじゃなくて。
もっと悪質な何かだったと思います。

※※※ いきなり長いので畳みます ※※※

    ・

    ・

    ・


きっかけは久し振りに息子のパニックが出まして・・・。

息子が昼寝から起きてきて、娘が観ている幼児番組が怖い、と。
でも娘は見たい、消したくない、と。

「もう怖くないから観てみれば」
私のその一言がいけなかったんです。


いつもなら、
「じゃあ消すから」とか「違うの見ようか」と、融通の利く娘を説得します。
でも、おとといは言ってみちゃったんです。
ここのところ息子の調子が良かったから。
毎日とっても楽しかったから。


いつもいつも息子のために娘は我慢している、という正当な理由もありました。
でも本音は、
「余所の子みたいに普通になって欲しい」ていう、私の下らない願望からなんです。

もうこれ以上つきあいきれない、とか。
どうして、ウチだけこうなんだ、とか。
私はこれだけ頑張ってきてるのに、とか。
そういう気持ちが一気に沸いてきて。

日頃「そんなこと思ったらいけない」と決めて隠している感情が
「もう、隠れていられませんが?」と出てきたんですよね(苦笑)


私は泣き叫ぶ息子に、
「怖かったのは2歳の時。もう大きくなったから怖くないの!」って
繰り返し怒鳴っていました。そうであって欲しかったんです。
それが
「泣くのをやめなさい」
「静かにしなさい」
「あっちにいきなさい」
になり、
息子を引きずって、隣の部屋に連れて行きました。
引きずられた息子の、ささくれていた唇が切れて、血が出ていて…
それを見たら一気に目が覚め、私も泣きました。

それがいきさつです。

「叩いた」とは違いますが、息子の怯えた表情からすれば
叩いたのも同じです。
すごい力で引っ張ってたんです。
ちょっと覚えてないくらいの変な心理状態で…。


私は息子が3歳の半年間、
区の「子供に手を上げてしまう人のプログラム」に参加していました。
体罰とは?怒りとは?感情のコントロールとは?
母性神話、幼児期のトラウマの影響、子供の人権について…等々、学びました。
(後に、息子に発達障害の疑いがあるのでは?ということに気づくきっかけになります)



怒りはどこから生まれるのか。
どうして叩いてしまうのか。
叩かれると子供にどんな変化が起きるのか。
十分理解していたつもりです。

それなのに、です。
もう、あれは終わったことだと思っていたのに、です。



息子には「もう二度としないし、大きい声もださないからね」と謝りました。
だっこは嫌いなので、背中を撫でて「ごめんね」と言いました。
それから側にいて一部始終を見ていた娘にも謝りました。

このことは絶対に忘れないようにしようと思いました。
例え息子と娘が忘れてくれたとしても、私は忘れないようにしたいです。
自分で「もう忘れてもいいな」と思える日まで覚えています。


だけど。そうなんですね。
みなさんも同じなんですね。
どんなお母さんに会っても、みなさん私より立派に思えるんですが(笑)
やはり何かしら悩んで迷ってお母さんやってるんですね。
そうかー・・・。
それに私はまだ「お母さん4歳」なんだなあー。
もう。じゃあ、・・・仕方ないかー。4歳っつったら、半分赤ちゃんだもんなー(笑)
今回までは、ギリギリ自分を許そうと思います。



ウチには「未来の賢太郎」と「未来の太朗君の嫁」がいますので、大切に育てないとね。
ラーメンズの未来を担っちゃって・・・ぬ?
いや~ みなさんの期待がひしひしと(笑)



冗談はさておき。

本当にありがとうございました。
頂いたコメント繰り返し読んでいます。
鍵付きさんも拍手さんも、心にしみます。…疲れた心に(笑)

というわけで。
明日からエロブログに戻ります!(はーと)
手のひらを返したように、戻ります。
ギャップが埋まらなくてすいません。手の施しようがありません(笑)



【ついしん】
私と同じような悩みを抱えているみなさんへ。

第三者にアドバイスを求めて下さい。
私のようにワークショップに参加するのもいいですし、
保健センターに育児相談にいくのでも、なんでも。
おそらく、家庭の中だけで解決することは不可能です。
予想以上に、相談する機関は沢山あります。

自分が思っているほど、自分は強くはないんですね…。
今回、みなさんのコメントで自分の弱さを自覚しました。
良い意味で、「自分は弱い」です!


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記
この記事へのコメント
そうだよ~、期待しとるよ~、責任重大だぞ~~>賢太郎&太郎ヨメの母!

弱いけど、強いんだと思うよ。
こうやってブログで話してくれるのも、プー子さんが弱いけど強いからだと思うよ。
だから大丈夫。プー子さんは、大丈夫です。

でね、やっぱりいっぺん、北海道に来るように。
ウチに来るように。
村野がどんなにダメ母かわかるからさ~。
「なんていいママなんだ、自分!」って自信つくからさ~。ねっ!
村野りん | URL | 2008/04/26/Sat 23:04 [EDIT]
>りんさん
りんさん ありがと ありがとうね(ホロリ)
おおーーー 北海道!行く行く、北海道!
試される大地に 試されに 行くからね!

ところで、トウモロコシはいつが食べ頃?やっぱ夏っすかね?
そのころ本公演とかやってませんかね?
遠征をかねて、ジンギスカン・・・。
むっふーーーーーーー!
(とまらない、北海道への期待…)
プー子さん | URL | 2008/04/26/Sat 23:49 [EDIT]
今まで少しずつ少しずつプー子さんはSOSを出してくれてたよね。ごめんなさい。
プー子さんのスタイルを崩しそうで怖かった。
また鍵付きでコメントごめんなさい。
今こういうカタチになって私はもっともっとプー子さんに近づけた気がします。
>「なんていいママなんだ、自分!」
ほんとそうですよ!!私なんかよりずっと頑張りやさんです。
ああ~ラーさん仲間でゆっくりお茶なんて最高だろうな~!

芹香 | URL | 2008/04/27/Sun 01:02 [EDIT]
プー子さんのなによりすばらしいところは
子供にごめんねって謝れるところです。
本当にすばらしいと思います。
子供は何よりもそれがうれしいだろうし、ママを心から信頼すると思います。
私はなかなかあやまれないんだよねー・・・。だめだな~。


前にも書いたように、人様のブログに書き込むのは
恥ずかしいし図々しいと思っていた私ですが、
プー子さんのところにはどうしても書きたくなっちゃうんです。
書きたくて、1日でも2日でも考え続けて、
挙句に書いちゃってます。
すみません。プー子さんが大好きになってしまいました。(告白かっ!)
また書きます。おゆるしください。

ここに集まっていらっしゃる他の皆さんのコメントも
すごくステキで、
いつも考えさせられたり感動したりしてます。
ステキな人のところには、ステキな人が集まるんですねー♪
(暗に自分もステキ仲間に入れて!とほのめかしていることを、お察しください)

ここへ来るのが本当に楽しみです(*^^*)
観世 | URL | 2008/04/27/Sun 01:15 [EDIT]
りんさんが仰る通り、
大丈夫、プー母さんは大丈夫です。
私は、無理に強くならなくてもいいとも思うんです。
自分は、他人にはなれないわけで、
自分がやれる範囲でいいのだと思います。
その線引きが、すごく難しいのですけれどね。

それに、プー母さんは十分お強いですよ。
子供さんに非を謝る勇気をもってらっしゃる。
悩んでらっしゃる方ほど、ちゃんとそのことに向き合ってるってことですから。
私はまだ本当に子供で、誰に対しても自分の非をわびる勇気が持てずにいます。
もっと大人にならなくては。
それを気付かせてくれた、プー母さん、このブログに集まる皆さんに大きく感謝!です。

ラー友さんでお茶、激しく賛成です芹香さーん!!
私ごときが参加していいのかわかりませんが・・・・(気が早すぎ)

毎回えらそうなこと書いて、軽く自己嫌悪に陥る朝槻です。
でも書いちゃうのは、観世さんのおっしゃる通り、
このブログが、書きたい気持ちにさせるからですよね。
またしつこくコメしていきたいと思いますので、
戯言だと思ってみてやってください。

あ、前の記事、トラバしてもいいですか?
朝槻 | URL | 2008/04/27/Sun 13:04 [EDIT]
>芹香さん
や~ ゆっくりお茶、いいすねえ!
そしたら一切お子様の話とかしなさそうだなー
ひたすら麺トークですね(笑)
そうそう。
頑張りすぎる親は、子供的にはウザイと思います(笑)
あんまり考えすぎないようにしないとなー 何事も。
芹香さん、これからもどうぞよろしくお願いします!うやうや。


>観世さん
「あ…オレあんま、そういうの 興味ないしぃ…」(前髪前髪)
嘘だよーーー!
ありがとう!じゃあ、重婚を前提にお付き合いしましょう!
どんどんばんばん書いてください、コメント。
そんな考えなくていいですから、そういうブログじゃないですから(笑)
子供に謝るのは…
「これはもう謝る他に道がない…」っていう崖っぷちで謝ってます。
あと「ありがとう」を飽きるほど言っていると、
「ごめんなさい」も言えるようになるそうですよ。確かに!


>朝槻さん
うん。謝るのって難しいんですよね・・・。
私も両親には、…反抗期な思春期要素が残ってます。(幾つなんだ!)
多分・・・子供に「ごめんなさい」を言える子になって欲しくて
私も「ごめんなさい」を言うようになりました。
「ありがとう」も同様です。
洗濯物を干していると、
「ママ、お洗濯してくれてありがとう」とか言われます(笑)
『ふつーだよふつー』と内心爆笑しつつ、
「どういたしまして~」と返しています。
誰にも聞かれたくないぞー 普段洗濯してないみたいじゃないか!

「ありがとう」から始めれば「ごめんなさい」はすんなりいける!
プー母さん愛の言葉集より。…誰?スピリチュアル系?

トラバもちろんオーケイですよ!ありがとうございます。嬉しいな☆
プー子さん | URL | 2008/04/27/Sun 16:58 [EDIT]
皆さんより「お母さん歴長い」ですが、
「無駄に長い」だけで(笑)
最近なんて、体も態度もでかくなってきた子供たちと
本気で言い合いしている有様。
私も、今回のプー子さんの様に
ちょっと言った一言が止まらなくなってしまった事
たくさんあります。
きちんと謝る事ができなかった事も・・。
成長するにつれて、見守る事しか
できない事も増えてきます。

自分の中に溜め込んで、無理に正当化したり
逆に自分を責めすぎたり・・
大人同士でも、すっきり「ごめんなさい!」と
謝る事ができて、「ありがとう!」と
素直に言える事ができたら
無駄な争いは減るのにね。
でも、気づいて、きちんと言葉にできるプー子さんは
素敵!
コメント寄せる皆さんも素敵!

何これ、涙?
お母さん、最近涙もろくてねー(笑)
チーム40も頑張るよっ!








ふう | URL | 2008/04/27/Sun 18:43 [EDIT]
>ふうさん
毎日が
「しまったーーー まちがえたーーー 言い過ぎだーーー」です(笑)
相手はコドモなんですよね。なんでムキになっちゃうんだろう。
・・・・あ!
こっちもコドモだから!?
そうだよ。こっちだってコドモなんだよ。
お母さん歴4歳なんだよ。多めに見ろよなー…。

ダメだ。大人げない。(むしろ情けない)
えーと私も
「ごめんなさい」が出ないときはありますよー
なかなか怒りが収まらなくて、返事しなかったりしますよー
俗に言う、無視ですよー(笑)

冷静になってから、オムライスをつくったりします。
好きなご飯を作って、誤魔化してます。
で、コドモがご機嫌になったときに、
「ねいねい、さっきママ怖かった?」とか聞きます(笑)
で「ごめんごめん」ってついでに言っちゃいます。
まだ年齢が年齢なので通用します。

大きくなったら多分許してくれないんだろうなー
たぶん言い合いして負けるんだろうなー
私がチーム40に入隊したら、かなりの見物だと思います。
お母さん年齢が4歳のままだったらどうしよう・・・
ふうさん、その時はフォローを!フォローをば!(笑)

チーム40かつラーメンズラブなふうさん、素敵です!
何これ、涙?
プー子さん | URL | 2008/04/28/Mon 12:13 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。