スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVとか体罰とか。思うこと。(重)

2008/04/25 Fri
第3回ですか・・・。
3回目にして、この緊迫感ですか・・・。


感想を書こうと思っても、消化しきれません!
重すぎて。
なんだか…みんな死んじゃいそう>ドラマ『ラストフレンズ』

こーわーいーよ こーわーいーよ タカシぃー
もおおおおお 錦戸(敬称略)がー こわいよーーーー タカシぃー


DVの逃げ場のなさっていうんですか?
それがリアルすぎて、怖いんです…。
心理的に逃げられないんですね…。

でも。
逃げてくれ!と思います。
そんなの愛じゃないんだぜ。


私もコドモに手を挙げることがありますが。
愛情からじゃないです。怒りをぶつけてるだけです。
コドモは弱いから、抵抗できないから、八つ当たりしているわけです。
本当に最悪な行為で。
絶対にしないようにしています。
それなのに。
なのに止められないときがある。

※※※ 長くなります。畳みます。 ※※※

「体罰」っていうんでしょうか。
本当に後悔してもしきれないです。
「しつけにはある程度は必要」と言う人もいますが、
私は全く必要ではないと思っています。
体罰は百害あって一利なし。
波平がカツオを叩くのも、笑い事じゃないです。
なんですか。あれ。日本の文化?


よくおっさんが「あの時の恩師の平手打ちがあったからこそ…」的な
いい話をしたがりますよね。
あれだって、後付です。脚色です。
その当時は「なんで叩くの?僕が嫌いなの?僕は駄目な子なの???」って
ただその気持ちで一杯だったはずなのに。
そのマイナスイメージを後付で良い意味にすり替えてるだけなんです。
だって、辛いもの。そのままの思い出じゃ。

私も中学の時よく部活で殴られてたから分かるんです。
全然感謝なんかしてません。
痛かった。怖かった。だから言うこと聞いてた。それだけ。
なにも得るものなんてなかったし、愛情のかけらすら感じなかった。
あの教師には二度と会いたくないし、やってたスポーツ自体、大嫌いです。
(東海大会4位ですが、何か?笑)

「愛のムチ」という言葉がありますが。
ただの大人の言い訳です。
殴っといて「愛してるからこそなんだ」とか言い訳までする。
八つ当たりは八つ当たり。暴力は暴力。
戦争と一緒。

戦争ってどうしてなくならないんでしょう。
「ある程度は必要」って誰かしら思ってるからじゃないでしょうか?
体罰と一緒だよなーって痛切に感じます。

そして私もいけないと分かっているのに、コドモを叩くことがある。
愚かです。でも「愚か」では済まされないことです。



ええと。・・・ドラマの話。
これはもう今更ですね。こんなに書いちゃったし(笑)
また機会を改めます。


今日まさに、息子を叩いてしまったので、私は落ち込んでいます。
息子に謝って、泣いて、天ぷらあげて、食欲なくなって、
夫に断ってデニーズでコーヒー飲んできました。
コドモの声を聞くのが嫌で、寝た頃を見計らって帰ってきました。
私は疲れている、頑張りすぎている、…でも希望がひとつだけあって。
ひとりになりたい。
それだけです。それだけ。
ひとりになって、この心のザワザワをゆっくり撫でてあげる時間が欲しい。
それだけなのに。
毎日を効率よく回していく性格が、その一時を奪います。
夫が忙しいせいでも、コドモが幼いせいでもなく、自業自得なんだよなー。
・・・へこむわー(笑)


なかなか上手くいきません。
コドモは(特に息子は)掴んだ!と思ったら逃げていきます。
本当に。
ここ数ヶ月上手くいっていたので、立ち直れそうにないのだけれど・・・。

だけど まあ。明日は明日。
これもまた通過点です。
コドモが大きくなるように、私も大きくならなければ。


このブログをやっていて本当に良かったと思います。
楽しいことを考える癖がつきました。

みなさんも明日は明日ですね。
お互いがんばりましょう!おやすみなさい。
(最後までお付き合いいただきまして、アリガトウ☆)


※昨日の深夜に書くだけ書いた記事です。
 でも、そのままUPします。・・・自分への戒めに(笑)

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/04/25/Fri 19:44 [EDIT]
私も時々手を上げてしまいます。

欧米式に、冷静に「体罰として」お尻ペンペンするのではなく、
普段なら怒りもしないような些細なこと(牛乳のコップひっくり返したとか)でも、
たまたまこっちのムシの居所が悪いってだけで
ペシッとやってしまったりします。
相手が大人だったら絶対にやらないようなことを、
相手が自分より弱い立場だからやってるわけで、
非常に卑怯でやってはいけないことだと、頭では、わかって、いる……

でもさ、叩いてしまったあと、そうやってプー子さんみたいに苦しんでいる限り、
逆に大丈夫じゃないかと思うんだ。
「しつけでやってる」って自分を正当化してる方がやばい。
暴力は暴力、こっちがどういうつもりでやってようと
行為としては何ら変わりないわけで、
それだったらやってしまったあと、後悔して、謝って、
それでも気が済まずに落ち込んで……という方が、
ずっとずっといいと思う。明日につながると思う。
(半分以上、自分に言い聞かせてます;)

ああ、近くに住んでたらいいのにね!!
預け合って一人の時間を作ったり、
一緒にお茶して憂さを晴らしたりできるのにね!!

でも、コドモは掴もうとしても掴みきれるもんじゃないんじゃないかなぁ。
「掴む」の意味にもよるけれども。
もう、日々変わるからさ。昨日の我が子と今日の我が子はちがうからさ。
そのとき確かに掴んでいたのかもしれないけど、
その掴んでいたコドモはもう今日にはいなくなってるんだよ、きっと。

私は最近、息子にどうしようもなくイライラすると、
「この子は未来の賢太郎!」と思うようにしてます(笑)。
そうすると、こう、大事にしよう、何でも許してあげよう、という気に……ならぬ?(笑)

村野りん | URL | 2008/04/25/Fri 20:30 [EDIT]
よっぽど、隠しにしようとも思ったんですが・・・
不適切ならば、削除お願いします。

私は、「体罰」は、決して必要ではないけれど、まったくもって不必要でもないと思うのです。
只、そういっても、もちろん乱用するなんてもってのほかであって、手を上げるのは最終手段だと思いますが。
(プー母さんの仰ってた、「部活の教師」は、乱用している部類ですよね。)

昔、母親に平手打ちされたことが1度だけあります。
何度も、何度も注意してもまるでいうことを聞かず、適当なその場だけの嘘ばかり付いていた私に対して、
その時、母親はどんな心境で私を打ったのか。
たぶん、母親は追い詰められていたんだと思います。
どうしても、自分の言うことを聞いてくれない。
このまま育ったら、どんな子になってしまうのだろう。
追い詰められた結果、母親は私をぶつ、という決断をしました。
いや、ほとんど衝動的であったのだと思います。
数日たって、「ぶっちゃってごめんね」とうつむきながら謝ってきた母親。
全部私が悪いのに。
どう考えても、母親には落ち度はありません。
私のせいで、母親はここまで追い詰められてしまったのだ、と気づいた時、初めて「なんてことしてたんだ、私は」と思うようになったんです。
今考えても、「なんで言葉だけの注意の段階で気付かなかったんだろう」と、反省しきりです。
ここまで親を追い詰める親不孝者の子供は、少ないと思いますが、
私は、母親のあの平手打ちがなかったら、社会で生きていくのに問題で、親不孝者のままでした。
(今もまだ親不孝継続中ですが・・・)

人間には言葉がある。
その言葉がどうしても、どうしても届かなかったとき、
「手をあげる」という行為は
その時に初めて行使する(してしまう)ものなのではないかと思うんです。

プー母さん。
母さんは大丈夫です。
「子どもをぶって、申し訳ない」って思って、ちゃんと子供さんに謝っているから。
その気持ちがあれば、
ただ自分の気持ちを伝える「手段」として体罰を行使している人とは全然違うはずですよ。

長くなって、まとまってなくてごめんなさい。
そして、未成年の若造が、こんなえらそうなこと言っちゃって、すみません。
朝槻 | URL | 2008/04/25/Fri 21:45 [EDIT]
子育てはしたことありませんが
私が一度、小学校の先生にぶたれたときは、
「殴らせてしまってごめんなさい」と思いました。

子供に手をあげて、悲しんでいない親はいないと思います。


一人になる時間だったり、
なにかに没頭する時間だったりを楽しめると
楽になったりしますよね。


ミチルちゃんのメイクが衝撃的すぎて、
私も書いてしまいました。DV面から。
よつ葉 | URL | 2008/04/25/Fri 23:07 [EDIT]
こんばんは。
こちらを読んで、プー子さんの気持ちを知って、受け止めたものを伝えなきゃと思うのに、言葉が見付からなくて。
ここからでは、言葉で伝えることしかできないのに、もどかしいです。
でも、これだけは。
私にはまだ子どもがいませんが、いつか子どもが生まれて、母になって 育てているときに、手をあげそうになってしまったら。
きっと、このプー子さんの書かれていたこと、思い、気持ちを思い出すと思います。それが、そのときの自分に働きかけてくれるものがあるはず。大切にしまわせてください。

上の「今週のうたいまつがい」を読んで、ふき出しました。
娘のかたの思い、私にもしっかり届いています!
elle | URL | 2008/04/26/Sat 01:06 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/04/26/Sat 01:39 [EDIT]
私はドラマを見てないんで、内容はHPでしか知らないんだけど
DVに関しては思うところが。

言い訳がましいけど
子育てに関しては「親も人間だ」と思うようにしてるよ。
人間なんだもの、感情の起伏があって当たり前じゃないの、と。
「だから叩いてもいい」ってことじゃなくてね。

感情に駆られようが、子どもを想ってだろうが、(何かしらのフォローがない限り)子どもが受けるダメージは同じだろうし
(ああ。自分に言い聞かせてるw)

一人になる時間は必要。
今、子ども達がいない時間を満喫できるようになって、前よりもそう思うな。
これがなかったら私は子ども達を「叩く」より「拒否」してたんじゃないか、って。
だから私は
>夫が忙しいせいでも、コドモが幼いせいでもなく、自業自得なんだよなー。
これを逆手にとって「ああ、早く大きくなってくれないかなぁ。学校に行ってくれれば少しは楽になるのに」
と気持ちの逃げ場を作ってるよ。
そういうことも大事なんじゃないかな。
あれ?なんか変な書き方かな?

私も今の気持ちをつらつらと書いてみた。
まとまってなくてゴメン。
nyao(なお) | URL | 2008/04/26/Sat 09:00 [EDIT]
いつもあたたかいエピソードとコメントで、私にいろんなことを考えさせてくれるプー子さん。ありがとうございます。

ほとんどの親がプー子さんと一緒。
叱りすぎたり叩いてしまったり、
そのせいで落ち込んだり、
ひとりになりたいと思って気が狂いそうになったり。
もちろん私だってそうです。
私も行きましたよ、夜中にデニーズにひとりでコーヒー飲みに。
(行かせてくれたダンナにも感謝ですが)

息子の人はわかっています。
ママはちょっと疲れているんだ
毎日すっごくがんばっているんだ
怒ってしまったこともすごく悪かったって思っているんだ、と。
小さい子どもの愛情は、私たち大人が想像できないほど、深くて大きいです。
たぶん息子の人は、いいんだよ、もっとボクに甘えて、ぐらいのことを思っていると思います。
そして、ママ大好きって。ママの子供でよかったって。
息子の人に、もっと甘えてだいじょうぶじゃないかな。

ひとりになる時間もないほど、24時間子供にふりまわされるのも、人生の中では貴重な体験です。
あんなに一生懸命、何かにすべてを捧げたことはない。そしてもう二度とそんな時期は来ない。
子供が大きくなってきた私は、そんなことを思います。

プー子さんがんばって!そしてがんばらないで!!

りんさんの「この子は未来の賢太郎!」  すばらしい!!
私には男の子がいないので、男の子がいるだけでうらやましいし、
そんな風に思って育ててみたい!!そしたら一生懸命尽くすのにっ(笑)
じゃあ娘に「この子は未来の賢太郎、の嫁!!」
・・・・・・うーーーん、大変そう・・・・。
観世 | URL | 2008/04/26/Sat 14:30 [EDIT]
子供が生まれる前、
シュタイナーとかモンテッソーリとか
たくさん読んで、いろいろ参考にして
手を上げるのはやめよう
言葉で言い聞かせよう・・そう心に決めていました。
上の子の最初のうちこそ決意どおりやっていましたが・・
子供の方も自我が芽生え、その行動が
言葉ではおさえきれなくなってきた時
思わず手をあげました。
その時、まず自分の行為にやはりショックを
受けました。
でも・・へんに自分を「よい母親」であろうと
すればするほど・・縛れば縛るほど・・
気持ちがおさまらなくなってきて、
子供には手をあげないかわりに、イライラしたり
(イライラする自分がまた情けなくて・・)
ものに八つ当たりしたり・・子供の前では見せないように
していても、それを子供は敏感に感じていました。
5年生になる上の男の子は、責任感の強い子ですが
もしかしたら、それは、私の顔色を見ている?
いい子でいようとしている?と思う事もあります。
これは・・私自身なんです。
両親が結構厳しかったので、子供の頃から「いい子」で
いる事を自分に課していたところがあります。
それに気がついた時、上の子に対して、申し訳ない・・と。
下の子が生まれた時も、もう少し肩の力を抜こうと
思いました。
自分に理想の親像にこだわるのではなく・・
子供が4歳なら親も4歳、子供が10歳なら親も10歳・・
子供とともに成長していくんだ・・。
子供はちゃんと見ているし、感じています。
親が、本当に自分の事を考えて真剣に怒っているか
ただイライラしているか・・
もちろん手を出さずにすめば一番良いです。
どんな理由があれ、相手に痛みを与えることは
良い事ではありません。
でも・・
もし、手を上げざるを得なかった時、自分を
追い詰めるのはさらに苦しい状況になる・・
「虐待」の問題もそういうところから出てくる事も
多いと聞きます。
自分の気持ちがおさまらない時、少し子供と距離を
おくのもいいかも知れません。
親から見て理不尽な行動にも、その子なりの理由が
見えてくる事もあるかもしれません。


プー子さんよりは、親としては先輩のはずの私も
日々、こんな感じで、迷い、悩む毎日です。
だから、的確なことが言えなくてごめんなさい。
悩まない親はいないですよ。(悩まない、という方が
ある意味こわいと思います。)
でも、こうして時に吐き出して、深呼吸してみると
いいと思いますよ。






















ふう | URL | 2008/04/26/Sat 18:58 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
オワター!!!
ちょっと真面目なことでも言ってみようかと思います。 あんまりまとまってない、若造の考えです。盛大にスル―してくださってかまいません。 芸人さん関係ではない&長いのでたたみますー。 お暇な方だけどうじょ。
収音机書房より。 2008/05/09/Fri 22:35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。